タグ別アーカイブ: PL4E

【ライブレポート】『ガチ恋フェス』にガチで恋しちゃったぞ♡♡♡

こんにちは。Faint⋆Star Tokyo Magazineです。新人ライターの笹ガールがライブレポートをお届け。

 

みなさま、このあっっっっつ~い夏!いかがお過ごしですか?

涼しいお部屋でドットのパラソル広げてのんびり過ごしたり!

海や山でのレジャーでホップ・ステップ・ダイブしたり!

Faint⋆Starのライブで解けないで、止めないで、真夏のカーニヴァル!

それぞれ想い出にのこる夏を過ごせたことと思います!

わたしたちFaint⋆Starチームの夏は、「PL4E」のリリースや、たくさんのライブやプロモーションで、忘れられない夏となりました!!

そのなかでも、今回は8月14日に行われた『ガチ恋フェス』についてお話したいと思います!

 

まず、『ガチ恋フェス』とは、

音楽サイト「ガチ恋~ガチで恋した音楽サイト~」の山田編集長主催の、アイドルライブイベントです。

山田編集長にはいつもお世話になっていて、Faint⋆Star1stアルバム「PL4E」をフューチャーしたブログも書いてくれたりと、たくさんPushしていただいております!!

そんな山田編集長が書いて下さったブログ記事がこちら~♪

「Faint⋆Starのアルバム「PL4E」が好きでたまらない人がひたすら絶賛するブログを書いてみましたよ。」

 

「PL4E」への思いがたっぷり詰まっていて、読んでいると嬉しくなっちゃいますね(^^)

山田編集長が主催のイベント、『ガチ恋フェス』今回はこんなに豪華なラインナップでした!

IMG_1806

 

Stereo Tokyo さん
WHY@DOLLさん
Especia さん

ご一緒させていただく機会も多く、とっても、かわいい!かっこいい!3組♪

 

ではここで、Faint⋆Starのリハーサル風景をちょこっと紹介したいと思います

 

じゃん!!

IMG_1773

どうです?この日の2人のヴォーギング、決まっていますよね?リハから気合入りまくりです!!!

 

本番では、Stereo Tokyo さんが会場を熱気と興奮でいっぱいに盛り上げてくださり、Faint⋆Starも負けられない><!!と、更に気合いを入れてステージに立つことが出来ました!

IMG_1787

Faint⋆Star 2015/08/14 SET LIST

Boyfriend~A.S.A.P~

エレックトロニックフラッシュ

スライ

メナイ

スーパーサマーワンダー

 

お客さんと一緒に手を振ったり、Clapしたり、とっても楽しいライブになりました!

ライブの後はみなさんと写真を撮りました♪

WHY@DOLLさんとぱしゃり☆

IMG_1808 (1)

Especia さんとぱしゃり☆

IMG_1812

山田編集長を囲んで・・・ぱしゃり☆

IMG_1810

 

Stereo Tokyo さんと撮れなかったのが残念です( ;∀;)またご一緒した時にはぜひ!!!

リハからライブから終演後まで、とーっても楽しいイベントでした!

山田編集長、素敵なイベントに呼んでいただき、ありがとうございました!!

そしてなにより、イベントに来て下さったみなさま、本当にどうもありがとうございました!!!

 

to be continued !!

【激写!!】「PL4E」プロモーションの裏側 Part.3

こんにちは。Faint⋆Star Tokyo Magazineです。

Faint⋆Star のHINAとYURIAに代わって、複数回にわたり、1stアルバム「PL4E」プロモーション、取材や撮影、生放送やイベント現場での2人の様子を振り返っています。

ゲイザーのみなさんとわたしたちの思い出アルバム・インストア編 Vol.2 !!お客さんの数がどんどん多くなっていく変化にもご注目ください。

 

2015.07.11 インストアライブ&特典会@タワーレコード秋葉原店

IMG_2823

ジャケも帯も素敵やん。素敵陳列ありがとうございます!

IMG_2902

外国人観光客の方もちらほら。

IMG_2906

 

2015.07.11 インストアライブ&特典会@新星堂サンシャインシティアルタ店

IMG_2907

7月11日、2本目のインストア。

IMG_2893

IMG_2898

IMG_2900

※ネイルをチェンジする時間も惜しんで働く様子がうかがえます。(現場マネです。)

 

2015.07.12 インストアライブ&特典会@タワーレコード渋谷店4F

バケモノの子 (角川スニーカー文庫)

翌日の7月13日公開の映画『バケモノの子』にちなんで、

IMG_2860

『楽曲派の子』

IMG_2855

メイキング。
(必至に説明するヤナギ。役に入り込むHINA。真面目に聞くYURIA!!w)

IMG_2865

リハ風景。

IMG_2871

Take 1.

IMG_2856

Take 2 !!

インストアよりも、こっちの撮影のほうをがんばったといううわさ・・・なんてことはなく!!

IMG_2886

全力でパフォーマンスしました。

IMG_2885

当日のセトリ。

IMG_2883

 

2015.07.12 インストアライブ&特典会@タワーレコード新宿店7F

IMG_2864

IMG_2851

IMG_2852

IMG_2870

新宿店もたくさんのゲイザーさんにお越しいただきました。

IMG_2859

笹ガールも物販に撮影に働きます。

IMG_2869

目線もいただきました。

IMG_2862

IMG_2858

Thank you for everything !!

 

 

to be continued !!

そしてPart.4に続く!!!

【激写!!】「PL4E」プロモーションの裏側 Part.2

こんにちは。Faint⋆Star Tokyo Magazineです。

Faint⋆Star のHINAとYURIAに代わって、複数回にわたり、1stアルバム「PL4E」プロモーション、取材や撮影、生放送やイベント現場での2人の様子を振り返っています。

今回はインストア編!!これはゲイザーのみなさんとわたしたちの思い出アルバムです。お客さんの数がどんどん多くなっていく変化にもご注目ください。

 

2015.06.20 吉祥寺店20周年記念 リリイベ祭り~アイドル DAY~

IMG_9184

この日、笹ガールとともに笹の葉が登場しました。

IMG_9168

IMG_9180

みなさんの願いごとは叶いましたでしょうか?

 

2015.06.21 リリイベ祭り アイドルDay @西武船橋店2階 JR側特設会場

IMG_3661

この日はあいにくの天候でカーニバル広場ではなく

IMG_3663

(ザンネン)

IMG_9219

JR側の特設会場でした。ホームまで届け! -A.S.A.P- !!

IMG_9214

FaintStarのライブは着席スタイルでもお楽しみにいただけます。

IMG_9216

短冊の数も増えてきたよ★☆★

 

2015.06.27 ミニライブ&特典会@HMVエソラ池袋

IMG_9442

前日、心をこめてステッカーペタペタしました。

IMG_9449

短冊にほ、、星が(^^)!

IMG_9458

IMG_9460

 

 

2015.07.04 ミニライブ&特典会@タワーレコード錦糸町店

IMG_9839

この日のセットリストがこちら。

IMG_9851

IMG_9858

IMG_9862

7月4日。七夕まであともう少し!

 

2015.07.04 インストアライブ@新宿dues

IMG_9887

dues新宿はディスクユニオンが運営している、防音環境・音響設備を完備したイベントスペースです。

IMG_9867
(そ~~~~っ・・・)

IMG_9868
(んっ?)

IMG_9869
(こしょこしょこしょ~~~~~!!!)
(やめて~~~!!!)

IMG_9871
(わははははは~~~~☆)
※なごやかなステージ裏。

IMG_9881
ステージはびしっとキメますよ!

 

2015.07.05 インストアライブ@大宮アルシェ1Fイベントステージ

※スタッフ携帯をスタジオトイレに水没させたため、写真が消滅しました。

 

 

to be continued !!

そしてPart.3に続く!!!

【激写!!】「PL4E」プロモーションの裏側 Part.1

こんにちは。Faint⋆Star Tokyo Magazineです。

Faint⋆Star のHINAとYURIAに代わって、今回から複数回にわたり、1stアルバム「PL4E」プロモーション、取材や撮影、生放送やイベント現場での2人の様子を振り返っていきたいと思います。

 

ガチ恋 Faint⋆Star 1stアルバム「PL4E」インタビュー

IMG_9352 IMG_9354

『ガチ恋』のインタビュー。最初は緊張していたYURIA嬢。

 

【全曲レビューもいただきました!】Faint⋆Starのアルバム「PL4E」が好きでたまらない人がひたすら絶賛するブログを書いてみましたよ。

 

OTOTOY agehaspringsの本気が宿るハイレゾで! Faint★Starが追求する新たなガールズ・ポップ集

IMG_9367 IMG_9371

ハイレゾ配信デイリー&ウィークリー1位獲得!の『OTOTOY』さんのインタビュー。ダウンロード購入はこちらからどうぞ!

【ライブレポ】Faint★Star 七夕の夜に魅せたガールズ・ポップ新時代の幕開け

 

ナタリー 目指すは宇宙!?トマパイの遺伝子引き継ぐガール・ポップデュオ

IMG_9376 IMG_9409

『ナタリー』さんインタビュー。ソラトニワ原宿のソラトニワショップ&イベントスペースにて。身長差をなくすために裸足です。このあと「有言実行」生放送でした。

【ニュース】Faint★Star、1時間半超えの感動の七夕ライブをフル配信

 

Faint⋆Star「PR4E」 – SHOWROOM

IMG_2759
IMG_2760
IMG_2772
IMG_2766
IMG_2771
IMG_2784

初のSHOWROOM出演。MCヤナギ。

 

目黒FM『アイドルステーション』

IMG_2798
IMG_2800
この写真は・・・


IMG_2797
(はい!そうです!)

 

NACK5「ラジアナ

IMG_2809 IMG_2814 IMG_2815 IMG_2813( ̄▽ ̄)V( ̄▽ ̄)V
IMG_2816
( ̄▽ ̄)V

 

to be continued !!

【LIVE REPORT】『Faint⋆Star × 2.5D Tokyo Sound Collection vol.5』

『Faint⋆Star × 2.5D Tokyo Sound Collection vol.5』
1stアルバム「PL4E」リリースパーティーレポート
圧倒的なガールズ・ポップの力を余すとこなく魅せたFaint⋆Star
新しい時代の幕開けを確信させた七夕の夜
TSC5_REPO1
『Faint⋆Star × 2.5D Tokyo Sound Collection vol.5』東京・渋谷2.5Dにて。(撮影:村上一光)

7月7日に1stアルバム「PL4E」をリリースした、agehaspringsがトータルプロデュースを手がける、HINA(元Tomato n’ Pineのメンバー)とYURIAのガール・ポップデュオFaint⋆Star(フェイントスター)が、リリース同日の7月7日、渋谷の2.5Dスタジオにてリリースパーティーを開催した。(M Kurihara)


七夕の夜。19時のオープンと同時に開場を今か今かと待つファンが流れ込む。リリースパーティーともあって、会場はお祝いムードのなごやかな雰囲気に包まれていた。

東京・渋谷2.5D(撮影:村上一光)
東京・渋谷2.5D(撮影:村上一光)

オープニングDJのDJ ABOのプレイからパーティーはキックオフ。Faint⋆Starが主催するこの『 Faint⋆Star × 2.5D Tokyo Sound Collection』に、今回で3回目となる出演のDJ ABO。「(お客さんが)いつもあったかい気持ちで迎えてくださって、かわいい女の子でもないのにね(笑)」と、軽快なトークから始まり、会場からは笑いが起こりながらも、Faint⋆Starと七夕にちなみ、「When You Wish upon a Star」からスタート。

DJ ABO(撮影:村上一光)
DJ ABO(撮影:村上一光)

渋谷系の系譜で見事につないでいく選曲で、小沢健二「ラブリー」、カジヒデキ「エンジェリック・シンフォニー」、TOWA TEI「Luv Connection」をはじめ、バニラビーンズカバーの「東京は夜の7時」やNegiccoの「圧倒的なスタイル」などが続き、会場の温度は上がっていく。

TSC5_REPO4
DJ ABO (撮影:村上一光)

また、HINAがメンバーだったTomato n’ Pineの「ワナダンス」の前に、元ネタのひとつと噂されるMcfadden & Whiteheadの「Ain’t No stoppin us Now」を、フリッパーズ・ギターの「カメラ!カメラ!カメラ!」から、このオマージュを匂わせるFaint⋆Starの2nd Single「フィルム!フィルム!フィルム!」につなげたりと、心にくい演出で観客を楽しませた。

DJ ABO (撮影:村上一光)
DJ ABO (撮影:村上一光)

扉から入退場するという設計のステージ上で、「いつも帰るとき、どのようにして帰ればいいのかわかりません(笑)」という言葉を後に、ステージから扉の向こうへと去るDJ ABO氏に続き、いよいよホストであるFaint⋆Starの2人が登場。会場から大きな歓声が上がった。

この『Tokyo Sound Collection』というイベントの特徴は、2人がまるで音楽番組、ショーのMCを務めているかのようなトークパートと、ライブパートに分かれていること。様々なゲストを迎え、イベントタイトルのとおり「サウンドをコレクトしていく」というコンセプトのもと、これまでNegiccoやEspecia、ORESAMA、仮谷せいらなどをゲストに迎え、リアルタイムでもライブストリーミングし渋谷から「今聴いて欲しい音楽」を世界に発信し続けている。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

オープニングトークから「今日が5回目ということでね、今夜はHINA、ダイブしちゃおうと思いまーす!」というHINAの天然ぶりにも勢いが増し、それを優しくサポートするYURIAとのコンビネーションにも磨きがかかっていた。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

「今夜もサウンドをコレクトしていきましょう!」「カジヒデキさんのライブになります!」という、YURIAの溌剌とした掛け声のもと、彼女たちの1stアルバム「PL4E」リード曲、「Boyfriend -A.S.A.P-」のリミックスで参加したカジヒデキが登場。カジはサポートにドラマーのつなかわ和行を迎えステージに現れ、歓声が沸き起こる。

カジヒデキ / サポート・ドラマーつなかわ和行(撮影:村上一光)
カジヒデキ / サポート・ドラマーつなかわ和行(撮影:村上一光)

1曲目には「ビーチボーイのジャームッシュ」。一気に2.5Dがさわやかな風が吹いているかのような空間に様変わる。間奏では「『あーわっあーわ』と言ってください!」とシング・アロングを求めては盛り上げていた。

続いて映画「デトロイトメタルシティ」の主題歌である「甘い恋人」。サビでは「最高!超最高です!エビバディ渋谷!(Faint⋆Star)アルバムリリースおめでとう!」と祝福のメッセージを放ち、「今日、最後の『甘い』だよ!」と拍車をかけては「甘い、甘い、甘い、甘い」と女性だけでなく、男性の声が響き渡り、「今までで一番男性声の『甘い』でした(笑)」との曲終わりのコメントに、会場からは笑いがあふれた。

カジヒデキ / サポート・ドラマーつなかわ和行(撮影:村上一光)
カジヒデキ / サポート・ドラマーつなかわ和行(撮影:村上一光)

続いて、HINAがトマパイ時代にライブで共演したことのある、かせきさいだぁが歌詞を手掛けた「灼熱少女」を披露。「シヴィラはある日突然に」も披露された。

「(僕のことを)知らない方もたくさんいると思うんですけど、アウェーだと思っていたんですが(みなさんの)優しさに感動している次第です。」「(Faint⋆Starの)アルバム最高でしたね。「Sleeping In Your Car」もどの曲もいいですね。「フィルム!フィルム!フィルム!」もいいですし」と、日本のポップ・ミュージックの歴史においての重要人物、来年でデビュー20周年を迎える大御所でありながらも気さくで温かいトークを続け、「今夜は聖地渋谷に帰ってきてすごく嬉しいなと思うんですけど!」との発言には、会場から大歓声が上がった。

カジヒデキ (撮影:村上一光)
カジヒデキ (撮影:村上一光)

「次の曲は真夏のようなFaint⋆Starさんに贈ります。」と言い「亜熱帯ガール」を。そして「君とサマーと太陽がいっぱい」では巻き起こる大きな手拍子のもとプレイされた。サポートのドラマー・つなかわ和行を紹介し、ラストに「ラ・ブーム 〜だってmy boom is me〜」で締めくくり、割れるような拍手の中、圧巻のステージを終えた。

カジヒデキ / サポート・ドラマーつなかわ和行(撮影:村上一光)
カジヒデキ / サポート・ドラマーつなかわ和行(撮影:村上一光)
カジヒデキ (撮影:村上一光)
カジヒデキ (撮影:村上一光)

 

「私の中では歴史上の人物という認識です。」とその偉大さを形容するほど、今回のカジによるリミックス参加とライブ出演に心から感謝している様子のYURIA。「今日、HINAたちも半ズボンはいてきたんです。」とHINAが言うと、カジも会場も大きな笑いを誘った。

Faint⋆Star / カジヒデキ(撮影:村上一光)
Faint⋆Star / カジヒデキ(撮影:村上一光)

カジはFaint⋆Starの印象として「お綺麗だなと。お話をいただいて嬉しいなと思いましたし、歌も上手という印象。かっこいいなと」褒め、「Boyfriend -A.S.A.P-」リミックスの制作秘話を語った。

「とにかくいい曲で。オリジナルがこんないい曲を、どういうふうにやったら面白いかなと悩んだんですが、生でやってみるのが面白いんではないかと思って。、バンドのメンバーと一日スタジオに入りました。ロンドンの『ノッティング・ヒルカーニバル』をイメージしたりして。」

リミックス曲「Boyfriend -A.S.A.P- Favourite Wild Summer Remix(好き好きサマーREMIX)remixed by カジヒデキ 」にはカジのコーラスが入っているのが大きな特徴。「自分がやった証を残したいなと。」とのカジの発言に笑いが起こったのに重ねるかのように、HINAが「(今日は)反応すごくいいですね。いつもそんな元気じゃないのにね(笑)。」とファンに向けて言い、さらに笑いを誘っていた。

Faint⋆Star / カジヒデキ(撮影:村上一光)
Faint⋆Star / カジヒデキ(撮影:村上一光)

このように、通常のライブ・イベントとはまた異なり、音楽番組の要素を持った、トークにも力を入れている印象を受けるイベント。映像演出にもこだわりがあるようで、ライブスタンバイの間には、Faint⋆Star「Boyfriend -A.S.A.P-」MVのメイキング映像が紹介された。そしていよいよホスト役であるFaint⋆StarがAimerの「Twinkle Twinkle Little Star」をバックに登場。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

Faint⋆Starのサウンドの特徴として、大きく分けて2つ、ポップな渋谷系サウンドと、EDM系サウンドがある。今回のライブでもそれを意識したSET LISTになっていた。リリース記念ということで、アルバム全曲の披露となり、Faint⋆Star史上、最長のライブとなった。

agehaspringsがトータルプロデュースを手掛けていることもあり、よく「楽曲派」として形容される彼女たち。ここからはひとつひとつの楽曲の特徴に言及しながらライブを振り返っていきたいと思う。

1曲目は「Hurly-Burly」。この楽曲はアルバムの1曲目でもある曲で、実はトマパイのシングル候補曲だった曲と言われているが、歌詞には「シーズン2 開演の合図」というフレーズが入っていたり、まさにFaint⋆Starのための楽曲として新たに生まれ変わった1曲だ。

HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

YURIAの「さあ一緒にみんなで歌いましょう!」という掛け声のもと、2曲目にはFaint⋆Starが結成し、初めてレコーディングされた楽曲「Sleeping in your car」が。会場3面の壁にプロジェクターで映しだされるこの曲のMVをバックに、スウェディッシュでアッパーなギターポップ風サウンドが響く。

2曲続けて終わると2人のトークパートがスタート。Faint⋆Starのライブでは恒例となっているらしい、HINAの今日のライブへの意気込みをYURIAが尋ねると、「天の川の気持ちでがんばりたいと思います!」と返すHINA。テンポ感のいい軽妙なトークが途切れることなく続いていく。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

そして「七夕の夜を素敵な夜にしましょう!」というYURIAの掛け声に続いては、20万人規模の世界最大級のインドネシアのフェスにて初披露された「Lips!!」だ。「Sleeping In Your Car」から一転、重厚でアッパーなビートとソリッドなギターの音色が特徴的なサウンドのこの「Lips!!」。一度耳にしたら離れないサビのリズミックなメロディに、オーディエンスの表情からは笑みがもれたり、会場は一気に興奮の渦に。

続く「Boyfriend -A.S.A.P-」。天の川をイメージしたかのような星がきらめくVJ 演出のもと、2人はパフォーマンスでも魅せる。「Boyfriend -A.S.A.P-」はメロディはドPOPな渋谷系、トラックはEDM風というバランスで成り立っている、まさにFaint⋆Starを1曲でまとめて表現したような曲だ。

YURIA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
YURIA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)

そこからまた、Faint⋆Starサウンドの渋谷系側を代表する曲「フィルム!フィルム!フィルム!」へ。2人は肩にアルバム「PL4E」のタオルをかけ、サビではオーディエンスが振りに合わせタオルを一緒に回した。ホーンの音色とローファイなバンドサウンドとメロディに、MVや歌詞の中にも様々なオマージュが散りばめられているのを感じさせる、とにかく素晴らしい1曲。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

曲を終えて、再びHINAとYURIAのまるで漫談のようなトークパートに。ライブパートとこのトークパートのギャップもまた、独自のこだわりとエンターテインメント性を感じさせてくれた。

HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
YURIA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
YURIA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)

トークパートを終えると、続いてはミドルテンポの曲のパートに。YURIAが「(初めて披露するので)一番緊張するパートですが・・・」と言いながら、「Spilt Milk」と「今夜はRIDE ON TIME」を披露。確かに、今までのFaint⋆Starにはなかった表情の楽曲だ。「Spilt Milk」は80年代のニュー・ミュージック風のメロディとスローなR&B調のトラックが融和した、失恋を思わせるバラード曲でありながらも、ガッツリとスーパーローが効いていることで、それが余計にからだに、胸にせまる1曲となっている。そして「今夜はRIDE ON TIME」。美しいイントロから始まる、ミディアムテンポで切ないこの美メロ曲のサビでは、「ブギーバック」「ライド・オン・タイム」というフレーズが。ゆったりした4つ打ちのビートの隙間に、ふわふわとしたキレイなメロディが駆け巡るような創りが基調になってる、まさにagehaspringsの仕事を感じずにはいられない、こちらも良曲であった。

HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)

そしてまた一転して、ここからアッパーな曲のパートに突入。1st Singleである「koboreteshimattamizunoyouni」。2人はMVをバックに切ない歌詞を歌い上げていく。シンセ音のインパクトに、キック、ベース音、そして美しいメロディ。まさにFaint⋆Starの特徴がぎゅっと凝縮されたような楽曲構造となっている。そして間奏で現れるピアノの旋律により、一気にオリエンタルな雰囲気へと変わる、この飽きさせない展開もまた最高な1曲だった。

TSC5_REPO16

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

続く「レ・ミ・ラ」 でもMVを背に、この曲で初めて取り入れたというヴォーギングのパフォーマンスで観客を魅了していく。ギターのリフと重厚なキック&ベースが特徴的なサウンドで、90年代へのオマージュが散りばめられた1曲だ。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)
YURIA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
YURIA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)

そして、このパートのラストを締めくくる「メナイ」「ス ラ イ」。今のFaint⋆StarのEDM系サウンドの代表曲とされるこの2曲を、2人は激しい色彩のVJの中で歌い上げ、ピークに向かってビルドアップしていくサウンドで、会場のテンションは最高潮に達した。ストリーミングでライブを見ている視聴者からも、「やばい!」「スライ最高!!」というコメントが多数SNS上にアップされていた。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

ここで、最後のパートに突入する前に、2人からアルバムリリースまでのFaint⋆Starの活動を振り返っての思いを伝える、印象的なトークが。トマパイ時代から、感情を表に出すような印象があまりなかったHINAだが、話すうちに感極まり、言葉をつまらせながら涙ながらにトマパイ散会後からの心境を語り、それに対してYURIAも涙する2人の姿をあった。これはアルバム発表までの1年間で、2人の関係性・結びつきがより強固になっていることがうかがえた一部分だった。その際YURIAからは「ここからがFaint⋆Starの始まりです!」と心強いコメントを言うと、ファンからは大歓声が起こった。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

気をとりなおした2人は「それでは、みなさんラスト2曲です。まだまだ盛り上がってくれますよね?」「まだ元気ありますよね?!」「それでは、ラスト2曲、一緒に楽しましょう!」という元気な掛け声のもと、ラストパートに突入。

ポストDISCO世代のダンス・ナンバーのようなグルーヴとホーン・アレンジが実に気持ちいい、Faint⋆Starのライブ定番曲「Tip Tap」 。2人の振りに合わせ、オーディエンスも踊り、会場はしあわせな雰囲気に包まれていく。そしてラストには、ウキウキするようなメロディと渋谷系アッパーなギターポップサウンドがたまらない人気曲「スーパー・サマー・ワンダー」 。まるで、日本のガールズ・ポップ史上に残す夏曲というコンセプトのもと作られたかのような、普遍性を感じさせる名曲でライブを締めくくり、アルバム全曲を歌い上げ、会場とストリーミング上のオーディエンスを完全にノックアウトさせていた。

HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
TSC5_REPO26
YURIA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)

 

こうしてアルバム全曲を振り返ると、agehaspringsはポップ・ミュージックそのものが本来持っている魅力を、余分な脚色を用いず直球で勝負にきていることがうかがえる。Faint⋆Starにこの圧倒的なガールズ・ポップの力を与えた。本人たちも楽曲の良さに甘えることなく、トークでもビジュアルでもパフォーマンスでも、すべてにおいて新しいスタイルの提唱と、高い理想を実現するために、Faint⋆Starにしかない型をアルバムリリースまでの1年間懸命に追求してきた。そんな背景が垣間見れるイベントでもあった。「PL4E」、このアルバムタイトルが表すという「Play List for Earth」のとおり、“世界中のすべての音楽好きに贈るプレイリスト”として制作されたということが、改めてよく実感できる。

ガールズ・ポップ史に乗り込んできた超新星デュオ。いよいよガールズ・ポップの第二章のはじまりを予感させる、早くも「伝説」という声があがるリリースパーティーだった。『スターゲイザー』(Faint★Starのファンの総称。略して『ゲイザー』。星を見つめる人。)は確実に、世界中で増えていくことだろう。(M Kurihara)

PL4E [CD+DVD盤]


 

★カジヒデキ 2015/07/07 SET LIST

1. 「ビーチボーイのジャームッシュ」
2. 「甘い恋人」
3. 「灼熱少女」
4. 「シヴィラはある日突然に」
5. 「亜熱帯ガール」
6. 「君とサマーと太陽がいっぱい」
7. 「ラ・ブーム 〜だってmy boom is me〜」

★Faint⋆Star 2015/07/07 SET LIST

1.「Hurly-Burly」
2.「Sleeping in your car」
3. 「Lips!!」
4. 「Boyfriend ‒A.S.A.P-」
5. 「フィルム!フィルム!フィルム!」
6.「Spilt Milk」
7. 「今夜はRIDE ON TIME」
8. 「koboreteshimattamizunoyouni」
9. 「レ・ミ・ラ」
10. 「エレクトロニックフラッシュ」
11. 「ス ラ イ」
12. 「メナイ」
13「Tip Tap」
14.「スーパー・サマー・ワンダー」

【Special!!】スペシャルコメント第三弾&リリパライブ写真&その他写真もあるよ!

こんにちは。FaintStarのHINA(左)です、YURIA(右)です。

tsc5_1

(HINA(ニッ☆))

tsc5_2

(はいっ!)

というわけで、わたしたちの1stアルバム「PL4E」がリリースしまして、2.5Dでのリリースパーティーも大盛況で終わりました。

出演してくださったカジさん、DJ ABOさん。本当にすばらしいステージで、わたしたちはますます、音楽が大好きになりました。

当日のライブの模様、スペシャル・ライブレポートは追ってこちらのサイトにアップするので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。写真はカメラマンさんの村上一光さんに撮影していただきました。当日の写真もたくさんアップしていきますね。

 

そして、リリースまで、リリース後もたくさんのコメントをいただいたのですが、またご紹介させてください。

アサミサエ
Comment_ASAMISAE

tsc5_2

リリパにも来ていただきました!

 

ikkubaru
Comment_ikkubaru

みなさん、インドネシア盤収録の「フィルム!フィルム!フィルム!」ikkubaruさんリミックス、もう聴いてくれたかな?

来日ツアーでお会いしたときの写真。

これは・・・
IMG_3684







こうやって撮りました☆
IMG_3692

 

仮谷せいら
Comment_KARIYASEIRA

せいらちゃんも、リリパにも遊びに来てくれました!
IMG_2756
(全員(にっ☆))







IMG_2755
(せいらちゃん(ばあっ!))

 

NegiccoのNao☆さん、Meguさん、Kaedeさん
Comment_NAONEGICCO

Comment_MEGUNEGICCO

Comment_KAEDENEGICCO

こちらは、新代田FEVERでのikkubaruさんのライブでお会いしたときの写真。

これは、
IMG_3680






こうやって撮った写真ですよー!
IMG_3681
(しつこい)

 

lyrical schoolのyumiさん
Comment_YUMIlyricalschool

わたしたちリリスクさん大好きなんですが、FaintStarスタッフのトリヤンがyumiさん大好きだって、言っていました!

 

そして、トマパイ時代からたくさんのお褒めの言葉をいただいている、

Base Ball Bearの小出祐介さん
Comment_KOIDEYUSUKE

小出さんのコメントにagehaspringsの方々が、すごい喜んでいました。わたしたちも本当に嬉しいです!

 

こちらは、トマパイ時代からたくさんお世話になっている方々です。

花野 顕 タワーレコード新宿店 店長
Comment_HANANOKEN

原田 和典 音楽ライター
Comment_HARADAKAZUNORI

南波 一海 音楽ライター
Comment_NAMBAKAZUMI

吉田尚記 ニッポン放送アナウンサー
Comment_YOSHIDANAOKI

よっぴーさん、ライブストリーミングもご覧になっていただけたようで、ありがとうございます!

 

続いては、FaintStarの音を創る、エンジニアのみなさんです。OTOTOYでのハイレゾ配信1位!ありがとうございます!

中村’NK-1’研一 レコーディング・エンジニア
Comment_NAKAMURAKENICHI

熊坂敏 レコーディング・エンジニア(prime sound studio form)
Comment_KUMASAKASATOSHI

米津裕二郎 レコーディング・エンジニア(prime sound studio form)
Comment_YONEZUYUJIRO

森真樹 レコーディング・エンジニア(agehasprings)
Comment_MASAKIMORI

 

「フィルム!フィルム!フィルム!」の編曲で参加していただいた野間さんに、

野間康介 音楽プロデューサー(agehasprings)
Comment_NOMAKOSUKE

 

わたしたちが出演した『Synapples2.0』、そして『TSC』のライブ映像/VJに、「メナイ」のリリックビデオを手掛けてくれたなかむーさん!

中村和明(なかむー) Visiual Artist / Producer (wamhouse)
Comment_NAKAMURAKAZUAKI

 

そして、いつもSNSやライブ会場で、あたたかいコメントをたくさんたくさんくれるゲイザーのみなさん、いつも本当にありがとうございます。わたしたちの宝物です。

JPG-8895

 

Sampai jumpa lagi !!

Salam manis XXX

【Special!!】1stアルバム「PL4E」リリース直前!!スペシャルコメント第二弾

こんにちは。FaintStarの・・・。

IMG_9276

IMG_9388

IMG_9382











はい!

IMG_9390 (1)

HINA(全部左)です、YURIA(全部右)です。

今日は7月4日です。わたしたちの1stアルバム「PL4E」リリースまであと3日。たくさんの方々からいただいた、宝物のスペシャルコメント第二弾をご紹介します。

 

ORESAMAのぽんちゃん
Comment_PONORESAMA

ラブアンドロイド
Comment_LOVEANDROID

STARMARIE
Comment_STARMARIE

ライムベリーのMIRIちゃん
Comment_MIRI

16 - 16

いつもイベントでご一緒させていただいている、大好きなみなさんです。

そして、

Shiggy Jr.の森さんComment_MORINATSUHIKO

IMG_3676
先日、代田橋FEVERでのikkubaruさんのライブでばったりお会いしたときの1枚。森さん、ありがとうございました!

 

クリエイターさんでは、

田中秀典 作詞家・作曲家(agehasprings)Comment_HIDENORITANAKA

秀典さんはYUKIさん、SCANDALさん、少女時代をはじめ、たくさんのアーティストの楽曲の作詞、作曲を手がけられているクリエイターさん。

トマパイの「ジングルガール上位時代」の作曲も担当されていて、

この「Sleeping In Your Car」をはじめ、「PL4E」に収録されているたくさんの楽曲に参加していただいてます。

釣俊輔 音楽プロデューサー(agehasprings)Comment_SHUNSUKETSURI

釣さんはでんぱ組.incさんの「でんでんぱっしょん」のアレンジをされたことでよく知られているクリエイターさんですが、最近ではアカシックさんのサウンドプロデュースで参加されていたり、

先ほどご紹介した森さん、森さんのバンド、Shiggy Jr.の「サマータイムラブ」の編曲でも参加されていて、

そんな釣さんにも「PL4E」に参加していただいていますので、
CDのブックレット、クレジットにもぜひ注目してくれたらうれしいです。

 

にゃんと!!コメントはまだまだまだ続きます。
うれしいな 😥  😥  😥

COMMENTページにすべてアーカイブしていきますので、ぜひいつでもチェックしてみてくださいね。

IMG_9390 (1)

 

Sampai jumpa lagi !!

Salam manis XXX

 

【Special!!】1stアルバム「PL4E」リリース直前!!スペシャルコメント第一弾

こんにちは。FaintStarのHINA(左)です、YURIA(右)です。

IMG_9371

(Studio Deviceにて取材中のわたしたち。どうですか、いい雰囲気ですか?)

さて、今日は7月1日。1stアルバム「PL4E」リリースまであと1週間をきりました!

世界中の、音楽が大好きなひとたちにぜひ聞いてもらいたいアルバム。みなさんのプレイリストに入れてほしい、最高のガールズ・ポップ集、そんな思いのもと作りました。

この1枚にも、わたしたちの音楽を「聴いて、観て、たしなんで」くれるゲイザーのみなさんが、いつでもわたしたちを見つけやすいように、いつまでも見つめ続けてくれるように、たくさんのクリエイティブが集結しています。

あらためまして、FaintStarを誕生させ、輝かせ、みなさんのもとに届けてくれる、裏ゲイザー(すみません)の方々をご紹介していきます。

そして応援してくれている方々、親しくさせていただいてるアーティストの方々からも、とってもすてきなコメントをいただきました!

COMMENTページにすべてアーカイブしていきますので、ぜひいつでもチェックしてみてくださいね。

 

まず最初に、FaintStarのART WORKを手掛ける方々の中からのご紹介です。JK_HIROKIMURA

 

丸山 智樹Comment_TOMOKIMARUYAMA

MVにジャケットART WORKのプロデュース、faintstar-tokyo.jpのアートディレクションも丸山さんです。

HIRO KIMURAComment_HIROKIMURA2

ずっとHIROさんに撮っていただいています。しあわせです!

佐伯 裕介Comment_YUSUKESAEKI
KOJI ICHIKAWAComment_KOJIICHIKAWA2

こんな素晴らしいお2人がわたしたちのフェイスとヘアスタイルを。

京森 康平Comment_KOHEIKYOMORI2

“NO MUSIC, NO IDOL?”のポスターの頃からずっとお世話になっています。

 

次は、イベント現場でもプライベートでも仲良くしていただいている、

西 恵利香Comment_NISHIERIKA2

IMG_9717
いつも素敵な西恵利香ちゃんに、

ミキティー本物Comment_MIKITY

IMG_3739
いつも可愛いミキティー。

 

大好きなMTVさんからも、コメントをいただいてしましました。

糠沢雅史Comment_MASASHINUKAZAWA2

メタルの選曲ならHINAに、いつでもおまかせてください♡

そして、agehaspringsのクリエイターから、

森 真樹Comment_MASAKIMORI

そう、森さんにはトマパイ時代からずっとお世話になっています。森さんはJUJUさんや、

Aimerさんをはじめとする、

たくさんのアーティストの方々のRec、Mixをされています。

あ!ここにも森さんが・・・!。

Integral CloverComment_IntegralClover2

そうなんです、「Boyfriend -A.S.A.P-」はIntegral Cloverにアレンジしていただきました。

Integral Cloverは、トマパイ時代に

ワナダンス!のRemixをしてくれました。

 

コメントはまだまだ続きます、うれしいな 😥 😥 😥 。

このたくさんのすてきなコメントをご紹介させていただくことで、アート、カルチャー、音楽、フィロソフィー、Beauty、etc・・・みなさんにとって、新しい出会い&新しい発見があるといいなって、思っています。

IMG_9419

 

Sampai jumpa lagi !!

Salam manis XXX

 

【TGIF!】6月26日金曜日の夜に七夕について調べてみました

こんばんは。FaintStarのHINA(右)です、YURIA(左)です。

後頭部でのご挨拶、失礼します。

26 - 1

TGIF! YAY!

そう、今日は6月26日金曜日。

突然ですが、金曜日の夜に、わたしたちは七夕についてあらためて調べてみようと思いました。

 

26 - 1 (4)

HINA(右)「ねぇ、YURIAちゃんYURIAちゃん。彦星って、織姫にとって、どんな人?」

26 - 1 (7)

YURIA(左)「・・・」

HINA(右)「・・・・」

26 - 1 (5)

YURIA(右)「っ!!!!(ピコーン!)」

HINA(左)「はい!YURIAさん!!」

26---1-(8)

YURIA「Boyfriend!!」

Untitled-1

HINA「(・・・なんだったけかな)」Untitled-2

HINA「(・・・はっ!忘れちゃった!!)」

ということで、わたしたちもちゃんと覚えてなかったのですが、インターネットでいろいろ調べて、わかったことがたくさんありました。彦星と織姫は恋人同士じゃなく、【夫婦】なんですよね。

働きものの織姫に彦星とのお見合いをさせてみたら、ふたりはたちまち恋に落ち結婚。ここからみなさんもよくご存知のストーリー、働きものだった二人がまったく働かなくなって、たくさんの方々にご迷惑をかけてしまい、怒った神さまが二人を引き離して会えなくしてしまったという。(あってますか?)

どうなんだろう。心から愛しているのに、1年に1回しか会えなくなってしまうなら、最初から会わなければよかったのに、なんて思ってしまいそう。

織姫さん、「だったらもう、最初からお見合いなんかさせないでよねお父さん 😥 !ほんと、出会わなければよかった 😥 !」なんてこと、1度ぐらいは、思ってたりして。覆水盆に返らずですねぇ。

 

ということで、そんなことを思いめぐらせながら、織姫と彦星に、わたしたちFaintStarは夜空に向かって、この曲をおくります。

とっても切ないね。

重いキックとベース音に、シンセ音のインパクトと美しいメロディ。アッパーでキラキラしたEDM風サウンドが、間奏のピアノの旋律が流れ始めたとたんに、一気にオリエンタルで“和”なフレーバーに。

どうですか?織姫と彦星のストーリーにも、あっているかな。

 

さて、そんな七夕。英語では【tanabata】や【The star festival】なんて言いますね。わたしたちFaintStar的にはstar festivalだなんて、とても他人事とは思えません。

(ここからはスタッフからのお知らせ)

FaintStar的【Star Festival】は、実はもう開催しています。たくさんのインストアイベントにリリイベ。笹の葉とともにお待ちしています。

IMG_9226 (1)

Road to StarFestival

IMG_9216 (1)

IMG_9227

 

うん、これちょっと違います。

 

いかがでしたでしょうか。

七夕のことが気になってきちゃった方にどうぞ。こんなすてきな絵本がありました。

たなばたものがたり (行事の由来えほん)

koboreteをBGMにぜひ。

IMG_9415

 

Sampai jumpa lagi !!

Salam manis XXX