タグ別アーカイブ: TSC

【開催まであと2日!】『TSC vol.10 × YMCK』 NEW GOODS & Regulation★

みなさんこんにちは!Faint⋆Star Tokyo Magazineです。

HINA、YURIAに代わりFaint⋆Star 現場マネMOEがお届け致します。

IMG_3022

 

さてさて、明後日の6月4日(土)Faint⋆Star主催ライブ!

Tokyo Sound Collection vol.10 ×YMCK 』が開催となります!

とうとうこの日が近づいて来ましたよ・・・

6月7月8月と3カ月連続2マン企画第一弾です!

第一弾は8bitユニットYMCKさんを迎えてお送りいたしますー!

HINA、YURIA、MOEは毎日のようにスタジオにこもって猛練習中です!!本番が待ち切れず興奮して夜も眠れないくらい気合い入りまくりです!!!

今回はですね、TSCに来てくださるみなさんが、当日会場で何を買おう?レギュレーションなんだ?ってお困りにならないように、事前に詳しくMOEからご説明させて頂きたいと思います!

P4240053

 

まずは新商品から!

主催ライブ”TSC”とOfficial Web Storeでしか買えないゲイザーTシャツ、

スターゲイザーTシャツ vol.10

FSTG061

ゲイザーTシャツは、毎回星座をモチーフにしています。

今回は【ふたご座】です!!!!

蛍光パープルでデザインされたこちらのふたご座。

 

あれ?

あれ?あれ?

 

4thシングル「ネヴァエバ」のジャケットの○○と○○○にそっくり!??

お買い求めいただき、じーっと、見つめてみてくださいね☆彡

 

ちなみにHINAとYURIAは蛍光ピンクです♪

unnamed

写真じゃなくて、生でこの双子座蛍光ピンク、見てほしい!!!!

 

なんとですね、”TSC”では今まで販売してきた過去のゲイザーTも、販売しちゃうんです!!ご存知でしたでしょうか。

a

こうして並べてみると、感慨深いですね。。。

そしてそして、、、、あともう少しで12星座コンプリートじゃないですか?!!!!!!!何かが起こる予感がします!!!!!買いそびれてしまった過去ゲイザーTも、この機会にぜひチェックしてくださいね☆彡

 

サイズはS/M/L/XLの4種類。お値段は5,500円と、少し高く感じるかもしれません。

 

ですが!!!!

 

ゲイザーTシャツご購入の方には特典会時に、

①HINAとYURIAと一緒に写真が撮れちゃいます!

一緒に写真が撮れるのは”TSC”だけ!”ゲイザーTシャツ”だけ!なんです!!!さらに、

②3人一緒に並ぶと、デザインがつながる仕様!!

そして、そうです、ゲイザーTは

③しっかりとした丈夫な生地、かつ、タグ付き!!

(※vol.1はタグなしとなっております><)

全種類、グラフィックデザイナー・イラストレーターの

④森 俊博さんがデザイン!!

 

こんなスペシャルなTシャツ、それがゲイザーTなんですね。ぜひ、たくさんの方々に着ていただきたいです♪

 

続いてはこちら!

Faint⋆Star Official Goods~!

aa

Official Goods、、、今回、新商品はございませんすみません!!ふたご座ゲイザーTに、かなり力を入れてしまいました!!

 

Official Goodsですと、これからあったかくなってきますからね、タオルはいかがでしょうか♪

去年7月にリリースの1stアルバム「PL4E」のロゴ入りタオル、おすすめです!!!!激しく盛り上がって汗をかいたら、このタオルでふきふきしてくださいね!!!!

あと、サンフランシスコで撮影し、制作したZINEですが、、そろそろvol.2を見たいですよね?!vol.2は沖縄とか?!

IMG_2704

 

沖縄秘蔵写真、、、こんなもんじゃないですよ、、、まだまだたくさんあるんですよ。

「沖縄バージョンのZINE欲しい!」と、ぜひ特典会にて、みなさんの声を聞かせてくださいね!Twitterでもリクエスト受付中です!!

 

そしてそして、大事な”TSC vol.10 × YMCK”レギュレーションは、

スターゲイザーTシャツ購入特典→撮影会参加券

CD・Official Goods購入特典→サイン会参加券

となります。

 

終演後の特典会にて参加券をお持ちの方はご参加いただけます。

特典会の順番はこちら!

 

①撮影会参加券をお持ちの方

②サイン会参加券をお持ちの方

Official Web Storeでのキャンペーン・おみくじの大吉、凶をお持ちの方

当日は混雑が予想されますので参加券を複数枚お持ちの方は一度でのご提出をお願い致します。

 

『Faint⋆Star Presents Tokyo Sound Collection vol.10 × YMCK』
日時:2016年6月4日(土)OPEN:18:00~ START:18:30~
会場:渋谷GLAD

ゲスト:YMCK
DJ:Takuma (from EIMIE)
出演:Faint⋆Star
Lazer&Lighting:huez&渋家

【通常より200円チケットを安く購入できるのは、8bitCafeポスターパシャりと運営予約だけ!!】

運営チケット予約:2,800円(別途ドリンク代)※6月2日(木)の23時59分までです!まだの方はお早めに!!!

http://www.faintstar-tokyo.jp/mag/ticket

8bitCafeポスターパシャり:

8bit

 

一般発売:イープラスにて5月12日より発売開始。
購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002191227P0030001

料金:前売り3,000円 / 当日3,500円(ともに別途ドリンク代)

 

Free admission for International visitors and residents

※Please don’t forget to BRING your PHOTO ID.

※1 drink for 500yen is needed in addition.

 

初めてFaint⋆Starのライブに来てくださるという方は、前回の”TSC”リリパライブ映像、ぜひチェックして見てください♪huez&渋家さんのLazer使い、高まりますよ!!!!

 

以上、Faint⋆Starをこよなく愛するゲイザーの一人、現場マネMOEでした~!

P4240017

 

 

Sampai jumpa lagi !!

Salam manis XXX

Faint⋆StarがFabCafeに行ってきた!

こんにちは。Faint⋆StarのHINA(左)です。YURIA(右)です。

IMG_0284

今話題のデジタルモノづくりカフェFabCafeに行ってきました。

FABとは、「FABrication(もの づくり)」と「FABulous(愉快な、素晴らしい)」の2つの意味が込められており、FabCafeはその”FAB”スピリットを楽しく、おいしく、わかりやすく伝える場所。レーザーカッターや様々なデジタル工作機器で、多くの人々がワクワクしながら新しいものづくりを楽しむことが出来る空間なのです!

そんなわくわくがいっぱいのFabCafeに初挑戦!
お店の中はお洒落でとても落ち着きのある空間。

IMG_0061

 

ハニーラテとミルキーラテをいただきます♡

IMG_0101

こちらの棚にはFABできるスタンプやパズル、フォトブロックやトートバックなどの見本がたくさん並んでいました!

IMG_0058

 

 

Do you fab a_______?
あなたは今日、何をFABしますか?

 

IMG_0075

 

と言う事で、私たちはスタンプをFABしてきました!!!

まず、スタンプの骨組みを作ります!

IMG_0089

 

一生懸命組み立てていると・・・・

あれれ?

HINAちゃん、もうお遊びモードに入っちゃいました

IMG_0169

YURIAちゃん、まったく動じませんw

IMG_0177

 

HINAちゃんが遊んでいる間にスタンプの持ち手が完成しました!!

じゃーん☆

 

IMG_0100

 

そして続いてはスタンプのゴム作りです!

デザイナ―森さんにデザインして頂いたこのロゴ!!
みなさんどこかで見た事ありませんか~?

何かのTシャツのどこかについてたり~?ついてなかったり~?
わかるかなぁ~??

 

IMG_0104

 

このロゴをこちらのレーザーカッターで作っていきます!!

IMG_0146

 

レーザー用のゴムを使い、熱で形を削っているんですね!

名称未設定-1

だんだんとFaint⋆Starのロゴが見えてきました!!

すご~い!!

IMG_0105

 

スタンプのゴムが完成したら最後に貼り付け作業です!

IMG_0191

 

2人で協力して完成を目指します!!

そして・・・

じゃーん☆!!

Faint⋆Starロゴスタンプの完成で~す!

IMG_0207

ってHINAちゃん!お顔が隠れてるよ!!w

 

とっても素敵なスタンプが完成しました!
頑張って作ったから色んな所にペタペタしたいね♡

IMG_0211 (1)

 

 

ということで!

3月18日の初のオールナイトTSCにて、私たちがプロディースしたカクテルをご購入の方には、こちらのスタンプをペタペタしたコースターをプレゼント致します!!

CdkF0fmUIAEHcSZ

頑張ってぺたぺたしたから是非もらってくださいね(∩´∀`)∩
サインもついてるよ(∩´∀`)∩
お酒もおいしいよ(∩´∀`)∩
飲みすぎ注意だよ(∩´∀`)∩

 

そして!オールナイトTSCより、NEWTシャツ
Faint⋆Star Tシャツが発売致します!!

IMG_0304

 

男性でも女性でも、とっても着やすいカジュアルデザイン。
このTシャツと、3月18日でしかもらえないコースターをゲット出来たら最高ですね!

みなさん!3月18日!恵比寿BATICAで待ってます!
私たちとオールナイトで騒いじゃおう☆

 

Faint⋆Star Presents「オールナイトTSC」
2016.3.18(金)@EBISU BATICA
Open 23:00 Close 29:00
ADV, DOOR / ¥2,500(tax in)
出演:Faint⋆Star / Lolica Tonica / DJ四捨五入 / JaccaPop / UKO /万字卍連合 (にかもきゅfrom BPM15Q + きゅあメタル+アッサア) / DJ one more night (DJ あんもないと) / DJ 2boy / DJ Feel Good a.k.a HINA from Faint⋆Star

~遅いHINA祭り&春休みSpecial!!特典!!~
【24時までにご入場の女性・学生は入場料無料!】(別途2drink代のみ頂戴致します。)
なお、24時以降にご入場の女性・学生はDOOR / ¥1,000(tax in)+ 別途2drink代にてご入場いただけます。
※学生は学生証を必ずご持参下さい。受付時、学生証を見せて頂きます。
※二十歳未満は入場不可になります。

チケット購入方法:
①リンクからチケット購入→http://www.batica.jp/schedule/article-1529/
②チケット取り置き faintstar.tokyo@gmail.com に名前、電話番号、枚数を記入の上お送りください。
③Twitterで簡単予約!
@faintstar_Tokyoフォローし、ご希望の枚数をリプライ下さい。
こちらからの★で予約完了とさせていただきます。※ご予約名がTwitterアカウント名となります。

 

 

Sampai jumpa lagi !!

Salam manis XXX

大人気!ゲイザーTシャツ☆こんな秘密があったとは・・・・

こんにちは。Faint⋆StarのHINA(左)です。YURIA(右)です。

IMG_2187 (1)

突然ですが問題です!私たちは今なにを着ているでしょうか!?

新衣装!?

私服!?

正解は・・・・・・・・・じゃん!

スターゲイザーTシャツvol.8でーす!!

IMG_2188 (1)

って、

え?見えないって??

まぁまぁまぁ!

 

YURIA「ゲイザーTシャツシリーズも、もうvol.8まで来たんだね!」

HINA「ね~凄いね~」

YURIA「HINAちゃんはゲイザーTの中でどのTシャツがお気に入り!?」

HINA「HINAはね~、HINAの星座、vol.1てんびん座Tシャツかな!着心地もいいからみんなに着てもらいたい!YURIAちゃんは?」

YURIA「YURIAはvol.2のいて座!ケンタウロスの筋肉がたまらないの♡でもどれも可愛いから選べないよね~」

 

FS主催のイベントTokyo Sound Collectionの開催月の星座をモチーフにしたデザインで、毎回いろんな仕掛けがしてある事はご存知ですか?

暗闇で光る加工がされていたり、文字がぷくっと浮き出ていたり!普通のTシャツとは違った楽しみ方がいっぱいのTシャツなのです。

しかも!

HINA、YURIAの間に入って並ぶと、Tシャツのデザインが繋がるんです!

こんな感じ~

IMG_2117 (2)

こちらはスターゲイザーTシャツvol.1(てんびん座)です!

どこが繋がってるかわかるかなぁ~?!

つづいてはこちら!

IMG_2144 (1)

こちらはスターゲイザーTシャツvol.2(いて座)です!

さあ、どんどん行きましょう!

vol.3うお座

IMG_2110 (3)

 

vol.4おうし座

IMG_2136 (1)

 

vol.5かに座

IMG_2106 (3)

 

vol.6さそり座

IMG_2125 (3)

 

vol.7やぎ座

IMG_2128 (1)

そして最新のスターゲイザーTシャツvol.8がこちら!

ででーん!!

vol.8みずがめ座

IMG_2158 (1)

とっても可愛いでしょ???

女性でも男性でも普段着使いが出来るくらい素敵なデザインです!

こちら全てグラフィックデザイナー森 俊博さんにデザインしてもらっています!

 

そしてそして、みなさま、ご存知ですよね?

FSグッズの中で唯一、こちらのTシャツは、私たちと一緒に写真が撮れちゃう特典付き!3人でとっても素敵な、世界に一つだけの作品を完成させましょう!!

 

2月17日Tokyo Sound Collection vol.8
是非遊びに来てくださいね!

まってま~す♡

 

Tokyo Sound Collection vol.8
日時:2016年2月17日(水)
会場:渋谷Glad http://glad.iflyer.jp/venue/home
OPEN18:00 / START18:30
チケット代 : 2,500円(ドリンク代500円別途)
出演:小西康陽 / 星野みちる / Maison book girl / Faint⋆Star

チケット購入方法:
①渋谷Glad への電話予約 03-5458-2551(15:00〜22:00)
②チケット取り置き faintstar.tokyo@gmail.com に名前、電話番号、枚数を記入の上お送りください。

※当日は会場予約、アーティストサイドでの予約に関係なく、先着順に入場します。

 

素敵な動画を見て予習してきてね(∩´∀`)∩

 

Sampai jumpa lagi !!

Salam manis XXX

【11/24 TSC Vol.7限定販売】世界で30冊だけのZineついに完成!!

こんにちは。Faint⋆StarのHINA(左)です、YURI・・・Aで、、、

P1080148

HINAちゃん、あの、、、HINAちゃんの髪がファサぁっ~て・・・

P1080149

ってHINAちゃん、あ~、ぜ~んぜん、気づいてないんですよね。

でもいいんです、いいんですよ。気を取り直して~・・・

 

P1080151

ぱちり☆

 

どうですか?ここは北九州は若戸大橋・・・

 

 

ではなく!

8月に行ったサンフランシスコ、ゴールデンゲートブリッジです。

P1080188

ゲイザー君もぱちり☆

 

 

8月6日から11日までの5泊6日の卒業旅行・・・

 

 

ではなく!

J-POP SUMMIT2015に出演してきたわたしたち。

このサンフランシスコ滞在中、けっこういい顔しているんですよね。けっこうSU GA Oって、感じなんです。素顔です、素の顔です。

 

P1080042

 

ほら!

 

ってやだYURIAちゃん!!!!!

これはNGカットだよ?!しかもサンフランシスコじゃないよ、シアトルで6時間待ってたときの、けっこう微妙なときだよ!でもYURIAちゃんってやっぱり、すっぴんでも眉毛ばっちりだね。

 

気を取り直して・・・

はい!

P1230191

うん!とってもいい感じ!

これは、サンフランシスコでとっても有名なカストロ通りで、とおりすがりの陽気なカップルさんが、私たちがバスタオル、、、じゃなくて!あの白の衣装で歩いていたら、一緒に写真を撮ってくれました。

 

サンフランシスコ、恐ろしい街だよ。君は本当に素敵すぎて、思えば口角も財布の紐もゆるみっぱなしの6日間だった。

 

あまりに素敵すぎたので、写真をたくさん撮ったねYURIAちゃん。

P1080096

そうだね、2000枚ぐらい、撮ってたんだよねHINAちゃん。

P1080213

これはOUT SIDE LANDSのゲート前にいた、陽気なダフ屋さんだね!

 

 

というわけで、そうなんです。このサンフランシスコがあまりに素敵だったから、Faint⋆Star Tokyo Magazine 初のグッズを作っちゃおうってことになりました!

 

webではMagで、紙ではZine。ってことで・・・

 

Faint⋆Star Tokyo Magazineによる、おしゃれな手作りZineを・・・30冊作りました!!

11月24日のTSC Vol.7で限定販売します!!!TSC Vol.7のみの販売です!!!!

1冊 1,600 YEN (tax in)

HINA & YURIAからの、直筆メッセージの入ったDESTRUCTIONフォトカード入りです。1冊1冊、それぞれ異なるメッセージをフォトカードに添えて入れてみました。

 

もっと早くお知らせしたかったし、たくさん撮った、とっても素敵なサンフランシスコの写真も早くみんなに見てもらいたかったけど、ナイショにしてたよ。

 

コツコツ写真のセレクトからページ組、

IMG_4729

仕上がりが不安になるような、写真じゃないこれ、HINAちゃん・・・。売上に影響しちゃうよ?

 

だいたい夜しか作業ができなかったから、作業しながらよくコーヒーとかこぼしちゃったんだよねYURIAちゃん。左側、しみになってるね。これもZine制作の思い出、文化祭のパンフ作りみたいだったね。

(作ったことないんだけどね♡)

 

そして、重要な印刷紙のセレクトに表紙の加工選びから、

IMG_4734

 

 

物販担当、YUIちゃん(元笹)もがんばってプロトタイプを作成したり、

IMG_4732

あらららら!

最初の写真とはくらべものにならないくらい、なんだかちょっと、様になってきてるよHINAちゃん!(だいぶ小さくなっちゃったみたいだけど・・・)

 

何言ってるのYURIAちゃん。わたしたちは最初からマジだよ?

P1080043

って・・・

やだHINAちゃん!!!またこれまたすっぴん!!!!
しかもサンフランシスコじゃないよ、シアトルでの写真だよ?!まぁいいか。シアトルもトランジットだけじゃなくて、またゆっくり行ってみたいね。

 

こんな感じでね、いつもとちょっと違った雰囲気の表情がいっぱいだから、楽しんでもらえたら嬉しいです。制作上の都合で(大人の都合って言うのかな?)、30冊しかないんだけど、ぜひみんなに見て欲しいです!

 

 

全ページ、水着だよ。(嘘です)

 

 

実は、この初めてのZineにはおさまりきらなかった写真がまだまだたくさんあって、それもみんなに見てもらいたいから、ちょっと考えたんです。

今開催中のスタンプラリー企画、プレゼントのフォトカードは、このZineで使用しなかったサンフランシスコでのアザーカットを使用することにしました!

これも、1人1人に異なった写真が入った、手作りフォトカードにしちゃいます。クリスマスも近いしね、心をこめて作ります。

 

11月21日(土)より、インストアイベントがスタート!各会場にて、こちらのスタンプカードをお配りしています♡

FSTスタンプラリー_表麺_1120

 

 

11月24日のTSC Vol.7、リリパに向けて全力で行くよ!

 

みんなぜひ、TSC Vol.7に遊びに来て、限定ZineをGetしてね^^

 

 

Sampai jumpa lagi !!

Salam manis XXX

【ライブレポート】2015年・真夏の大型フェスを振り返ろう!

こんにちは。Faint⋆Star Tokyo Magazineです。

最近現場マネージャーもえのくしゃみが全く止まりません。心配ですね。そんなマネモエの特技はくしゃみをしながら喋る事なんですが、やっぱり飛沫感染が、ちょっぴり怖いですよね!!

ということで、今回のFaint⋆Star Tokyo Magazineは、ジョグジャカルタ~ジャカルタでのフェス出演中のHINA & YURIAに代わり、笹ガールこと笹が2015年・真夏の大型フェス、『TIF』『@JAM EXPO』を振り返っていきたいと思います!

「夏フェス」って、響きからして俄然テンションが上がりますね。なんでだろう♪

 

では、さっそくいってみましょう!

まず最初は、

『 TOKYO IDOL FESTIVAL2015 』

昨年も出演させて頂いたので、今年で2回目の出演でした。お台場の様々な会場を拠点に繰り広げられる、サーキット型の世界最大級のアイドルフェス、『TOKYO IDOL FESTIVAL』略して『TIF』。今年はなんと、154組ものグループが出演したんですね。

そんな2015年夏のBIGイベント、Faint⋆Starの出演はフジテレビ湾岸スタジオでのENJOY STADIUM 、Zepp DiverCityでのHEAT GARAGE 、こちらの2ステージでした!

まずはENJOY STADIUMの出演です。

IMG_1341

どーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!

 

Faint⋆Star 2015/08/27  『TIF』 ENJOY STADIUM SET LIST 

1. スライ

2. メナイ

3. Boyfriend-A.S.A.P-

 

HINAとYURIAが小さい頃からバラエティ番組や音楽番組で目にしていた湾岸スタジオ。

豪華なセットに立つ2人、とってもいい感じです!!

IMG_1318

※こちらは前日に行われたリハーサルでの様子。

 

物販コーナーでは暑さのなか、わたくし、笹、張り切って立たせていただきました!

IMG_1330

 

ゲイザーさんたちが暑さを心配してメンバーに、おまけに私にまで差し入れを持ってきてくださり、感謝感激恐縮です。。。

image

見てください、この最高のラインナップ。わたしたちはゲイザーのみなさまに支えられているんだなと思いました。本当にありがとうございました!

 

さて、2ステージ目はZepp DiverCityでのHEAT GARAGEです。

IMG_1368

どーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!

 

Faint⋆Star 2015/08/27  『TIF』 HEAT GARAGE SET LIST 

1. Boyfriend-A.S.A.P-

2. スライ

3.  メナイ

4. スーパーサマーワンダー

 

Stereo Tokyoミライスカート、Faint⋆Starの流れで会場はヒートアップ!!!!豪華なステージのセット、大迫力の照明の中、スラメナイ炸裂!!!!!

 

IMG_1310

※こちらはリハーサル風景です。

ライブの時とはまた違う緊張感が伝わってきますね☆

 

こんな大きな会場で、たくさんの方々にFaint⋆Starのライブを見ていただいたこと、本当に嬉しく思います。

IMG_1411

ダイバーシティーにて、Faint⋆Starの前に出演されたミライスカートさん。

実は!プロデュースがagehaspringsというFaint⋆Starとの共通点もあり、一緒に写真を撮って頂きました!

 

「COSMOsSPLASH」最高ですよね!笹も大好きです。

物販では隣同士で、笹までもステッカーをもらってしまい、恐縮です。(とても緊張しました。。。)

IMG_1405

ミライスカートさんが拡声器を貸してくださり、最後は皆さんにご挨拶!

暑い中ライブに物販にとお越し下さり、どうもありがとうございました^^

 

そんなお台場から事務所への帰り道。HINA、YURIA、現場マネモエ、運転手YANAGIは、車の窓から見える花火に夢中に。

(YANAGI氏、よそ見運転ダメ・ゼッタイ><。。。)

 

 

そして!そして!!

次に振り返るフェスは、横浜アリーナにて開催された『@JAM EXPO2015』

この日のお天気はあいにくの雨模様・・・・・

ですが、安心してください、ライブ、屋内でしたから!

 

 

⊂(^ω^)⊃

 

 

会場を隅々まで使い、沢山のステージはお客さんでいっぱい!!!横浜アリーナは笑顔と活気で溢れていました。

Faint⋆Starの出演は14:00からの「ピーチステージ」でした。

 

Faint⋆Star 2015/08/29  『@JAM EXPO』 ピーチステージ SET LIST

1. Boyfriend-A.S.A.P-

2. スライ

3.  メナイ

IMG_2581

IMG_2582

「初めてFaint⋆Starを見た」という方が多かった@JAMでのステージ。手を上げたり振りの真似をしたり、思い思いの嗜み方をしてくださっているのが、スタッフサイドからもよく見えました!!!

 

 

ライブ終了後、楽屋前のスペースにてバナナを見つけて喜ぶYURIA。バナナのお耳がとってもプリティーね♡

IMG_2598

 

 

一方HINAは…

エアロスミスのポスターを見つけて大興奮!!壁に張り付いていました!じぇじぇ!!Jaded

IMG_2602

 

 

以上、駆け足で2015年夏・大型フェス振り返りをFaint⋆Starとともにお届けしました!!

 

そしてそして、手前味噌ですが、何と言っても「2015年夏フェス」と言えば、はずせないのがこちらですね☆★

 

 

 

to be continued !!

【LIVE REPORT】『Faint⋆Star × 2.5D Tokyo Sound Collection vol.5』

『Faint⋆Star × 2.5D Tokyo Sound Collection vol.5』
1stアルバム「PL4E」リリースパーティーレポート
圧倒的なガールズ・ポップの力を余すとこなく魅せたFaint⋆Star
新しい時代の幕開けを確信させた七夕の夜
TSC5_REPO1
『Faint⋆Star × 2.5D Tokyo Sound Collection vol.5』東京・渋谷2.5Dにて。(撮影:村上一光)

7月7日に1stアルバム「PL4E」をリリースした、agehaspringsがトータルプロデュースを手がける、HINA(元Tomato n’ Pineのメンバー)とYURIAのガール・ポップデュオFaint⋆Star(フェイントスター)が、リリース同日の7月7日、渋谷の2.5Dスタジオにてリリースパーティーを開催した。(M Kurihara)


七夕の夜。19時のオープンと同時に開場を今か今かと待つファンが流れ込む。リリースパーティーともあって、会場はお祝いムードのなごやかな雰囲気に包まれていた。

東京・渋谷2.5D(撮影:村上一光)
東京・渋谷2.5D(撮影:村上一光)

オープニングDJのDJ ABOのプレイからパーティーはキックオフ。Faint⋆Starが主催するこの『 Faint⋆Star × 2.5D Tokyo Sound Collection』に、今回で3回目となる出演のDJ ABO。「(お客さんが)いつもあったかい気持ちで迎えてくださって、かわいい女の子でもないのにね(笑)」と、軽快なトークから始まり、会場からは笑いが起こりながらも、Faint⋆Starと七夕にちなみ、「When You Wish upon a Star」からスタート。

DJ ABO(撮影:村上一光)
DJ ABO(撮影:村上一光)

渋谷系の系譜で見事につないでいく選曲で、小沢健二「ラブリー」、カジヒデキ「エンジェリック・シンフォニー」、TOWA TEI「Luv Connection」をはじめ、バニラビーンズカバーの「東京は夜の7時」やNegiccoの「圧倒的なスタイル」などが続き、会場の温度は上がっていく。

TSC5_REPO4
DJ ABO (撮影:村上一光)

また、HINAがメンバーだったTomato n’ Pineの「ワナダンス」の前に、元ネタのひとつと噂されるMcfadden & Whiteheadの「Ain’t No stoppin us Now」を、フリッパーズ・ギターの「カメラ!カメラ!カメラ!」から、このオマージュを匂わせるFaint⋆Starの2nd Single「フィルム!フィルム!フィルム!」につなげたりと、心にくい演出で観客を楽しませた。

DJ ABO (撮影:村上一光)
DJ ABO (撮影:村上一光)

扉から入退場するという設計のステージ上で、「いつも帰るとき、どのようにして帰ればいいのかわかりません(笑)」という言葉を後に、ステージから扉の向こうへと去るDJ ABO氏に続き、いよいよホストであるFaint⋆Starの2人が登場。会場から大きな歓声が上がった。

この『Tokyo Sound Collection』というイベントの特徴は、2人がまるで音楽番組、ショーのMCを務めているかのようなトークパートと、ライブパートに分かれていること。様々なゲストを迎え、イベントタイトルのとおり「サウンドをコレクトしていく」というコンセプトのもと、これまでNegiccoやEspecia、ORESAMA、仮谷せいらなどをゲストに迎え、リアルタイムでもライブストリーミングし渋谷から「今聴いて欲しい音楽」を世界に発信し続けている。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

オープニングトークから「今日が5回目ということでね、今夜はHINA、ダイブしちゃおうと思いまーす!」というHINAの天然ぶりにも勢いが増し、それを優しくサポートするYURIAとのコンビネーションにも磨きがかかっていた。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

「今夜もサウンドをコレクトしていきましょう!」「カジヒデキさんのライブになります!」という、YURIAの溌剌とした掛け声のもと、彼女たちの1stアルバム「PL4E」リード曲、「Boyfriend -A.S.A.P-」のリミックスで参加したカジヒデキが登場。カジはサポートにドラマーのつなかわ和行を迎えステージに現れ、歓声が沸き起こる。

カジヒデキ / サポート・ドラマーつなかわ和行(撮影:村上一光)
カジヒデキ / サポート・ドラマーつなかわ和行(撮影:村上一光)

1曲目には「ビーチボーイのジャームッシュ」。一気に2.5Dがさわやかな風が吹いているかのような空間に様変わる。間奏では「『あーわっあーわ』と言ってください!」とシング・アロングを求めては盛り上げていた。

続いて映画「デトロイトメタルシティ」の主題歌である「甘い恋人」。サビでは「最高!超最高です!エビバディ渋谷!(Faint⋆Star)アルバムリリースおめでとう!」と祝福のメッセージを放ち、「今日、最後の『甘い』だよ!」と拍車をかけては「甘い、甘い、甘い、甘い」と女性だけでなく、男性の声が響き渡り、「今までで一番男性声の『甘い』でした(笑)」との曲終わりのコメントに、会場からは笑いがあふれた。

カジヒデキ / サポート・ドラマーつなかわ和行(撮影:村上一光)
カジヒデキ / サポート・ドラマーつなかわ和行(撮影:村上一光)

続いて、HINAがトマパイ時代にライブで共演したことのある、かせきさいだぁが歌詞を手掛けた「灼熱少女」を披露。「シヴィラはある日突然に」も披露された。

「(僕のことを)知らない方もたくさんいると思うんですけど、アウェーだと思っていたんですが(みなさんの)優しさに感動している次第です。」「(Faint⋆Starの)アルバム最高でしたね。「Sleeping In Your Car」もどの曲もいいですね。「フィルム!フィルム!フィルム!」もいいですし」と、日本のポップ・ミュージックの歴史においての重要人物、来年でデビュー20周年を迎える大御所でありながらも気さくで温かいトークを続け、「今夜は聖地渋谷に帰ってきてすごく嬉しいなと思うんですけど!」との発言には、会場から大歓声が上がった。

カジヒデキ (撮影:村上一光)
カジヒデキ (撮影:村上一光)

「次の曲は真夏のようなFaint⋆Starさんに贈ります。」と言い「亜熱帯ガール」を。そして「君とサマーと太陽がいっぱい」では巻き起こる大きな手拍子のもとプレイされた。サポートのドラマー・つなかわ和行を紹介し、ラストに「ラ・ブーム 〜だってmy boom is me〜」で締めくくり、割れるような拍手の中、圧巻のステージを終えた。

カジヒデキ / サポート・ドラマーつなかわ和行(撮影:村上一光)
カジヒデキ / サポート・ドラマーつなかわ和行(撮影:村上一光)
カジヒデキ (撮影:村上一光)
カジヒデキ (撮影:村上一光)

 

「私の中では歴史上の人物という認識です。」とその偉大さを形容するほど、今回のカジによるリミックス参加とライブ出演に心から感謝している様子のYURIA。「今日、HINAたちも半ズボンはいてきたんです。」とHINAが言うと、カジも会場も大きな笑いを誘った。

Faint⋆Star / カジヒデキ(撮影:村上一光)
Faint⋆Star / カジヒデキ(撮影:村上一光)

カジはFaint⋆Starの印象として「お綺麗だなと。お話をいただいて嬉しいなと思いましたし、歌も上手という印象。かっこいいなと」褒め、「Boyfriend -A.S.A.P-」リミックスの制作秘話を語った。

「とにかくいい曲で。オリジナルがこんないい曲を、どういうふうにやったら面白いかなと悩んだんですが、生でやってみるのが面白いんではないかと思って。、バンドのメンバーと一日スタジオに入りました。ロンドンの『ノッティング・ヒルカーニバル』をイメージしたりして。」

リミックス曲「Boyfriend -A.S.A.P- Favourite Wild Summer Remix(好き好きサマーREMIX)remixed by カジヒデキ 」にはカジのコーラスが入っているのが大きな特徴。「自分がやった証を残したいなと。」とのカジの発言に笑いが起こったのに重ねるかのように、HINAが「(今日は)反応すごくいいですね。いつもそんな元気じゃないのにね(笑)。」とファンに向けて言い、さらに笑いを誘っていた。

Faint⋆Star / カジヒデキ(撮影:村上一光)
Faint⋆Star / カジヒデキ(撮影:村上一光)

このように、通常のライブ・イベントとはまた異なり、音楽番組の要素を持った、トークにも力を入れている印象を受けるイベント。映像演出にもこだわりがあるようで、ライブスタンバイの間には、Faint⋆Star「Boyfriend -A.S.A.P-」MVのメイキング映像が紹介された。そしていよいよホスト役であるFaint⋆StarがAimerの「Twinkle Twinkle Little Star」をバックに登場。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

Faint⋆Starのサウンドの特徴として、大きく分けて2つ、ポップな渋谷系サウンドと、EDM系サウンドがある。今回のライブでもそれを意識したSET LISTになっていた。リリース記念ということで、アルバム全曲の披露となり、Faint⋆Star史上、最長のライブとなった。

agehaspringsがトータルプロデュースを手掛けていることもあり、よく「楽曲派」として形容される彼女たち。ここからはひとつひとつの楽曲の特徴に言及しながらライブを振り返っていきたいと思う。

1曲目は「Hurly-Burly」。この楽曲はアルバムの1曲目でもある曲で、実はトマパイのシングル候補曲だった曲と言われているが、歌詞には「シーズン2 開演の合図」というフレーズが入っていたり、まさにFaint⋆Starのための楽曲として新たに生まれ変わった1曲だ。

HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

YURIAの「さあ一緒にみんなで歌いましょう!」という掛け声のもと、2曲目にはFaint⋆Starが結成し、初めてレコーディングされた楽曲「Sleeping in your car」が。会場3面の壁にプロジェクターで映しだされるこの曲のMVをバックに、スウェディッシュでアッパーなギターポップ風サウンドが響く。

2曲続けて終わると2人のトークパートがスタート。Faint⋆Starのライブでは恒例となっているらしい、HINAの今日のライブへの意気込みをYURIAが尋ねると、「天の川の気持ちでがんばりたいと思います!」と返すHINA。テンポ感のいい軽妙なトークが途切れることなく続いていく。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

そして「七夕の夜を素敵な夜にしましょう!」というYURIAの掛け声に続いては、20万人規模の世界最大級のインドネシアのフェスにて初披露された「Lips!!」だ。「Sleeping In Your Car」から一転、重厚でアッパーなビートとソリッドなギターの音色が特徴的なサウンドのこの「Lips!!」。一度耳にしたら離れないサビのリズミックなメロディに、オーディエンスの表情からは笑みがもれたり、会場は一気に興奮の渦に。

続く「Boyfriend -A.S.A.P-」。天の川をイメージしたかのような星がきらめくVJ 演出のもと、2人はパフォーマンスでも魅せる。「Boyfriend -A.S.A.P-」はメロディはドPOPな渋谷系、トラックはEDM風というバランスで成り立っている、まさにFaint⋆Starを1曲でまとめて表現したような曲だ。

YURIA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
YURIA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)

そこからまた、Faint⋆Starサウンドの渋谷系側を代表する曲「フィルム!フィルム!フィルム!」へ。2人は肩にアルバム「PL4E」のタオルをかけ、サビではオーディエンスが振りに合わせタオルを一緒に回した。ホーンの音色とローファイなバンドサウンドとメロディに、MVや歌詞の中にも様々なオマージュが散りばめられているのを感じさせる、とにかく素晴らしい1曲。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

曲を終えて、再びHINAとYURIAのまるで漫談のようなトークパートに。ライブパートとこのトークパートのギャップもまた、独自のこだわりとエンターテインメント性を感じさせてくれた。

HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
YURIA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
YURIA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)

トークパートを終えると、続いてはミドルテンポの曲のパートに。YURIAが「(初めて披露するので)一番緊張するパートですが・・・」と言いながら、「Spilt Milk」と「今夜はRIDE ON TIME」を披露。確かに、今までのFaint⋆Starにはなかった表情の楽曲だ。「Spilt Milk」は80年代のニュー・ミュージック風のメロディとスローなR&B調のトラックが融和した、失恋を思わせるバラード曲でありながらも、ガッツリとスーパーローが効いていることで、それが余計にからだに、胸にせまる1曲となっている。そして「今夜はRIDE ON TIME」。美しいイントロから始まる、ミディアムテンポで切ないこの美メロ曲のサビでは、「ブギーバック」「ライド・オン・タイム」というフレーズが。ゆったりした4つ打ちのビートの隙間に、ふわふわとしたキレイなメロディが駆け巡るような創りが基調になってる、まさにagehaspringsの仕事を感じずにはいられない、こちらも良曲であった。

HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)

そしてまた一転して、ここからアッパーな曲のパートに突入。1st Singleである「koboreteshimattamizunoyouni」。2人はMVをバックに切ない歌詞を歌い上げていく。シンセ音のインパクトに、キック、ベース音、そして美しいメロディ。まさにFaint⋆Starの特徴がぎゅっと凝縮されたような楽曲構造となっている。そして間奏で現れるピアノの旋律により、一気にオリエンタルな雰囲気へと変わる、この飽きさせない展開もまた最高な1曲だった。

TSC5_REPO16

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

続く「レ・ミ・ラ」 でもMVを背に、この曲で初めて取り入れたというヴォーギングのパフォーマンスで観客を魅了していく。ギターのリフと重厚なキック&ベースが特徴的なサウンドで、90年代へのオマージュが散りばめられた1曲だ。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)
YURIA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
YURIA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)

そして、このパートのラストを締めくくる「メナイ」「ス ラ イ」。今のFaint⋆StarのEDM系サウンドの代表曲とされるこの2曲を、2人は激しい色彩のVJの中で歌い上げ、ピークに向かってビルドアップしていくサウンドで、会場のテンションは最高潮に達した。ストリーミングでライブを見ている視聴者からも、「やばい!」「スライ最高!!」というコメントが多数SNS上にアップされていた。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

ここで、最後のパートに突入する前に、2人からアルバムリリースまでのFaint⋆Starの活動を振り返っての思いを伝える、印象的なトークが。トマパイ時代から、感情を表に出すような印象があまりなかったHINAだが、話すうちに感極まり、言葉をつまらせながら涙ながらにトマパイ散会後からの心境を語り、それに対してYURIAも涙する2人の姿をあった。これはアルバム発表までの1年間で、2人の関係性・結びつきがより強固になっていることがうかがえた一部分だった。その際YURIAからは「ここからがFaint⋆Starの始まりです!」と心強いコメントを言うと、ファンからは大歓声が起こった。

Faint⋆Star(撮影:村上一光)
Faint⋆Star(撮影:村上一光)

気をとりなおした2人は「それでは、みなさんラスト2曲です。まだまだ盛り上がってくれますよね?」「まだ元気ありますよね?!」「それでは、ラスト2曲、一緒に楽しましょう!」という元気な掛け声のもと、ラストパートに突入。

ポストDISCO世代のダンス・ナンバーのようなグルーヴとホーン・アレンジが実に気持ちいい、Faint⋆Starのライブ定番曲「Tip Tap」 。2人の振りに合わせ、オーディエンスも踊り、会場はしあわせな雰囲気に包まれていく。そしてラストには、ウキウキするようなメロディと渋谷系アッパーなギターポップサウンドがたまらない人気曲「スーパー・サマー・ワンダー」 。まるで、日本のガールズ・ポップ史上に残す夏曲というコンセプトのもと作られたかのような、普遍性を感じさせる名曲でライブを締めくくり、アルバム全曲を歌い上げ、会場とストリーミング上のオーディエンスを完全にノックアウトさせていた。

HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
HINA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)
TSC5_REPO26
YURIA / Faint⋆Star(撮影:村上一光)

 

こうしてアルバム全曲を振り返ると、agehaspringsはポップ・ミュージックそのものが本来持っている魅力を、余分な脚色を用いず直球で勝負にきていることがうかがえる。Faint⋆Starにこの圧倒的なガールズ・ポップの力を与えた。本人たちも楽曲の良さに甘えることなく、トークでもビジュアルでもパフォーマンスでも、すべてにおいて新しいスタイルの提唱と、高い理想を実現するために、Faint⋆Starにしかない型をアルバムリリースまでの1年間懸命に追求してきた。そんな背景が垣間見れるイベントでもあった。「PL4E」、このアルバムタイトルが表すという「Play List for Earth」のとおり、“世界中のすべての音楽好きに贈るプレイリスト”として制作されたということが、改めてよく実感できる。

ガールズ・ポップ史に乗り込んできた超新星デュオ。いよいよガールズ・ポップの第二章のはじまりを予感させる、早くも「伝説」という声があがるリリースパーティーだった。『スターゲイザー』(Faint★Starのファンの総称。略して『ゲイザー』。星を見つめる人。)は確実に、世界中で増えていくことだろう。(M Kurihara)

PL4E [CD+DVD盤]


 

★カジヒデキ 2015/07/07 SET LIST

1. 「ビーチボーイのジャームッシュ」
2. 「甘い恋人」
3. 「灼熱少女」
4. 「シヴィラはある日突然に」
5. 「亜熱帯ガール」
6. 「君とサマーと太陽がいっぱい」
7. 「ラ・ブーム 〜だってmy boom is me〜」

★Faint⋆Star 2015/07/07 SET LIST

1.「Hurly-Burly」
2.「Sleeping in your car」
3. 「Lips!!」
4. 「Boyfriend ‒A.S.A.P-」
5. 「フィルム!フィルム!フィルム!」
6.「Spilt Milk」
7. 「今夜はRIDE ON TIME」
8. 「koboreteshimattamizunoyouni」
9. 「レ・ミ・ラ」
10. 「エレクトロニックフラッシュ」
11. 「ス ラ イ」
12. 「メナイ」
13「Tip Tap」
14.「スーパー・サマー・ワンダー」